カラコン通販を見るとひどく種類が多いことが見て取れますが。

キリスト教に限らず、宗教は時代が経つごとに分化していきます。
私は正直エゴ以外のなにものでもないような気がしているのですが、
昔の言葉が、そのまま現代で伝わらないように、
ニュアンスや時代背景の影響で分化を余儀なくされたということもよくわかりはするのですが、
それでも…と思ってしまいます。
突然、話は変わるようですが、カラコン通販を見るとひどく種類が多いことが見て取れます。
色はもちろん、円の大きさ、線の入り方だったり、パッと見同じじゃないか、
どれでもいいではないか、と思うのですが、
これらを選び取る人には全く別のものに見えるのだと思います。
もとをたどれば同じでも、伝え方は千差万別。
それはいいことなのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です